TEL

変形性膝関節症(膝OA)

変形性膝関節症とは?

変形性膝関節症(OsteoArthritis = OA)とは、中高年の人たちに多く、加齢、肥満、ケガなどによって、膝関節に負担がかかり、関節の骨を覆う軟骨が傷むことにより、軟骨がすり減ります。最終的には骨と骨がこすれ合い、普通に歩行するだけでも膝の痛みが強くなり、歩行困難になる場合もあります。変形性膝関節症の典型的な症状としては、歩き始めの第一歩や階段を降りる時に痛みを感じたり、場合によってはギシギシと雑音がすることもあります。変形性膝関節症が進むと膝に水が溜まったり、熱を持ち腫れたりすることもあります。またかなり症状が進行すると十分に膝が伸びなくなり、強い痛みを感じるようになります。

正常な膝とは、どんな状態?

正常な膝関節では、軟骨はガラスのようにツルツルで、滑らかになっています。さらに軟骨同士が上手く噛み合っていますので、動きやすい状態です。

膝OA正常

※名古屋共立病院 リウマチ・人工関節センター長 岩田 久先生【変形性膝関節症のおはなし】を参考

変形性膝関節症の初期状態は・・・

膝関節の軟骨表面はザラザラして、ささくれ立った状態になってきます。弾力性も低下し、力のかかる場所は特にすり減ってきます。また滑膜(薄い膜で、関節液を産生し、膝の滑らかな動きや関節軟骨を栄養している)にも炎症症状が起こってきます。この状態ですと、階段昇降時に痛みがあったり、長時間歩行した後、膝が腫れたり、痛みを伴うことがあります。

膝OA初期

名古屋共立病院 リウマチ・人工関節センター長 岩田 久先生【変形性膝関節症のおはなし】を参考

変形性膝関節症が進行した場合は・・・

軟骨に引き続き、次第に骨もすり減って、膝関節の噛み合わせが少しづつ悪化してきます。膝の変形が起こったり、滑膜の炎症が進行し、水が溜まってきたりする場合もあります。膝を動かした時に強い痛みが発生し、骨の辺縁部に、トゲのような突起(骨棘)が、レントゲン(X線画像診断)で見えてきます。

膝OA進行

※名古屋共立病院 リウマチ・人工関節センター長 岩田 久先生【変形性膝関節症のおはなし】を参考

 

当院での変形性膝関節症の治療は・・・

当院では、AKA療法(骨格調整)およびMTS療法(神経伝達調整)の手技療法を中心に、ソフトで安全な施術で、痛みの根本原因を探し出し、痛みの原因を治療していきます。また、施術後、膝関節の痛みなどの症状が和らいだとしても、日常の癖や身体の使い方から痛みが再発しやすい場合がありますので、そういった方にも治療後も効果が持続しやすくなるような筋力トレーニングやストレッチ方法などもわかりやすく随時お伝えしています。そうする事で、患者様自身が自宅に帰ってからも痛みが出にくい状態を作っていけるアドバイスを徹底して実施し再発予防に努めています。

膝の痛みのある患者様の施術例

施術前(X脚)       施術後

膝施術前  膝施術後

このように変形性膝関節症(膝OA)などの膝の痛みでお困りの方は、自分で悩まず、お気軽に尾張旭市東山町のうの整骨院まで安心してご相談ください。

 

当院へのアクセス情報

所在地〒488-0825 愛知県尾張旭市東山町1-2-5 アサヒビル1F
駐車場3台あり
予約お電話・メールでのご予約が可能です。
電話番号052-768-6186
休診日月曜・日曜午後・祝日
年末年始・お盆休み
アクセスマップ