TEL ネット予約 LINE

坐骨神経痛(ヘルニア) | 尾張旭市・瀬戸市・守山区・名東区 印場駅・旭前駅 うの整骨院

お問い合わせはこちら

坐骨神経痛(ヘルニア)

椎間板ヘルニアとは?

腰痛を起こす疾患は、数多くあるのですが腰痛による腰のヘルニアとしては腰椎椎間板ヘルニアが代表的であると言えます。椎間板ヘルニアと整形外科などの病院で言われても痛みがある人とない人が実際いますが、レントゲンやMRI検査、CT検査で確認し、明らかに神経が圧迫されているものは、椎間板ヘルニアと診断されます。

 では、椎間板ヘルニアとはどういったものなのでしょうか??

椎間板ヘルニアは、軟骨が後方に突出し、神経を圧迫する病気です椎間板ヘルニアとは、脊椎(背骨のこと)の椎体と椎体の間には椎間板と言われる軟骨(重力による衝撃をやわらげるクッションのようなもの)があり、これが後方へ飛び出し、下肢へ向かう神経を圧迫するものです。ですから、腰痛や下肢痛、しびれなどを引き起こします。ひどくなると歩行障害を起こすこともあります。整形外科的検査としては、SLR検査(仰向けで下肢を伸ばした状態で、片足づつ上へ持ち上げた時に痛みやしびれが増強する場合、陽性となる)などで判断します。

※日本大学医学部付属練馬光が丘病院整形外科 大幸俊三教授監修「腰痛の施術」より

 画像所見で椎間板は、X線(レントゲン)には写りません(※レントゲンではカルシウムがX線を通さないから写るのですが、軟骨はレントゲンを通してしまうので写らない)が、MRI(磁気共鳴画像)や脊髄造影CTスキャンで、はっきり飛び出しているのが見られます。

坐骨神経痛とは?

 そもそも坐骨神経は、全身中で最大の末梢神経と言われ、親指大ぐらいの太さがあります。骨盤を出た後は、腿の後ろを通り、下腿に下行していく神経です。骨盤から出た直後は神経が太い分、圧迫を受けやすく痛みやしびれが起こりやすいと言われています。検査としては、お尻の部分において、坐骨結節と言われる腿の付け根の骨と大腿骨の大転子と言われる股関節の外側のでっぱりで触れることが出来る部分を結ぶ直線のほぼ中央部の深いところに圧痛がある場合は、ほぼ間違いなく坐骨神経痛であると言えます。

 症状としては、腰痛から起こり、次第にお尻や腿の後ろ、すね、足先などに痛みやしびれが発症し、ときどき歩行もままなくなる場合もあります。

当院の坐骨神経痛(ヘルニア)施術

 尾張旭市東山町のうの整骨院では、腰痛施術にとても効果が期待できるAKA療法(おもに骨格調整施術)とMTS療法(おもに神経伝達調整施術)の手技療法を主体として、腰痛施術を行っていきます。特に症状が重い場合には、超音波施術を並行して行い、手技ではなかなか到達しづらい限局的な筋肉の緊張や痛みが強い部分に行うことでより早期に腰痛軽減を可能としやすい状況を作っていきます。(※超音波施術は、体表より理論上、5~7cmほど深部まで刺激を加えることが出来ると言われています。マッサージなどでは刺激は、せいぜい2~3cmと言われます。)

腰痛お客様施術で骨盤を正常に調整した例

【施術前】

坐骨神経痛(ヘルニア)のある40代女性の施術前

【施術後】

坐骨神経痛(ヘルニア)のある40代女性の施術後

              【施術前】                                   【施術後】                                 

坐骨神経痛(ヘルニア)のある70代女性の施術前   坐骨神経痛(ヘルニア)のある70代女性の施術後

もし、坐骨神経痛(ヘルニア)などの症状で、接骨院、整骨院、カイロプラティック、整体、マッサージなどの施術院へ行ったが、どこにいってもなかなか良くならないという方は、一度、尾張旭市東山町のうの整骨院までお気軽に安心してご相談ください!!