TEL ネット予約 LINE

加害者でも交通事故施術はできますか? | 尾張旭市・瀬戸市・守山区・名東区 印場駅・旭前駅 うの整骨院

お問い合わせはこちら

加害者でも交通事故施術はできますか?

交通事故施術の損害請求額は、相手の担当保険会社に直接請求するわけではなく、相手側の自賠責保険を使用して請求します。例えば事故を起こした相手側が「自分が悪くないのに、なぜ相手が自分の自賠責保険を使うんだ!」とか、など不服がある時に、時々相手側の保険会社の担当者様が調査や検査、鑑定をし、「交通事故が軽く、交通事故施術の必要性が見当たりませんなどと判断され、当社では一括対応で、交通事故施術の対応はできません!」と言われる場合があります。しかし、ご安心してください!自賠責保険を使って交通事故施術が出来ないというわけではございません!この場合は、被害者請求という請求方法で、交通事故施術の施術費が請求できます!下記に被害者請求を行って交通事故施術をする場合、メリットとデメリットが生じるので記載しておきます!

【被害者請求で行うメリット】

  1. 保険会社様から提案される健康保険基準ではなく、自由受付での請求が可能になる。(※損害保険料率算出機構に了承されることが必要)
  2. 被害者の方が痛みの改善に必要な期間、施術が受けられます。(※自賠責保険の限度額120万円以内に限る)
  3. 病院でいただく診断書の部位の違いが生じても、被害者様の本来の痛みの場所を施術できます。(※交通事故での痛みは、事故直後に病院にいった時に痛くなくても、あとから痛くなるケースがある)

【被害者請求で行うデメリット】 

 ※弁護士費用特約を使用すると被害者請求の書類作成代行など面倒な手続きを代行できるものもございます。(当院に要相談)

  1. 自賠責保険の限度額である120万円を超過すると、請求額が全額相殺されてしまうケースがある。(※施術費は病院や施術院に優先的に支払われるため、お客様の慰謝料、休業損害などの実質お客様のもらえる金額が減ってしまう)
  2. 印鑑証明書、交通事故証明書、住民票等の書類をお客様ご自身で用意しなくてはならない
  3. 損害保険料率算出機構と言われる自賠責損害調査事務所から状況の確認をするため照会されることがある。

加害者でも交通事故施術は自由受付で行えるか?健康保険を使ったほうが良いか?

加害者だと交通事故施術では、自由受付で行えるか?健康保険を使ったほうが良いか?と質問する方がいます。交通事故施術に勿論、健康保険は使えますが、健康保険を使用した施術は、メリットとデメリットがあります。基本原則として施術費(診察料、入院料、投薬料、手術料、処置料、柔道整復師等の費用)は、施術をした病院、整骨院、接骨院、施術院が受け取ります。(お客様は、施術費は受け取れません!)。休業補償、通院交通費、慰謝料などに関しては、お客様が受け取ることになります。ここを踏まえた上で、健康保険を使う場合として、またお客様が健康保険を使うことでメリットとなるケースとして、施術を受ける方に過失があった場合です。人身傷害保険に入っていれば、過失が仮にあった場合でも、お客様の負担はゼロですから、この場合は、関係ありませんが、人身傷害保険にもし加入していない場合、もしくは人身傷害保険をあえて使用しない場合、施術期間が長くなることで、施術費の金額が上がると、自賠責保険枠内の限度額を超えてしまうことで、お客様が受け取れる慰謝料、休業補償、通院交通費などの金額が自由受付で行った場合よりも少なくなる場合があります。人身傷害保険に加入しておらず、過失がある場合は、健康保険の使用により良いケースもあります。逆にデメリットとしては、施術院が受け取れる施術費が少なくなってしまうため、お客様の施術にかけられる時間が少なくなりますので、十分な施術が満足に受けられない可能性があります。(※整形外科などの病院でのリハビリテーション施術では、お客様への施術は、健康保険を使用した場合と自由受付の場合でも施術は一緒の事が多いです。)よって交通事故後のむちうちや腰痛、しびれなどの症状を早期に改善できず、施術が長期になってしまう場合もあります。自由受付の場合は、その逆で施術院が受け取れる施術費は、健康保険での施術金額よりも大きくなりますので、お客様の施術にかけられる時間がある程度確保できたり、特殊な手技を施せたり、特殊な医療機器を使用した施術が可能になりますので、身体をしっかり診た上で、十分な施術を受けることができます。(※接骨院、整骨院などの施術院は、自由な施術が可能となることで、交通事故施術に最も有効な施術を実施できます。とても得意な分野です。)よって、交通事故後のむちうち、腰痛、しびれなどの症状を早期に改善できる可能性が十分高いことが考えられます。また健康保険を使用するにしろしないにしろ、過失がなければお客様の負担する金額は、ゼロですが、健康保険を使用する場合には、一時的に窓口負担金を支払わなければなりません。(※後で自賠責保険に請求することで戻ってきます。)逆に自由受付の場合は、窓口負担金の発生はありません。