TEL

交通事故 相談

不意に起こしてしまった初めての交通事故!

「あなたは、どうしたら良いか全くわかりません・・・」

 

そんな時は、尾張旭市東山町のうの整骨院までお気軽に安心してご相談ください!!

 

交通事故のお悩みは、全て当院にお任せ下さい!

当院は、交通事故後遺症の治療はもちろんのこと
交通事故にまつわるご相談にも的確に対応する事ができる
交通事故治療専門院です。

現在、他の病院(整形外科・接骨院等)に通院されている方でも転院は可能です!!

このような事例に対応可能です。

うの整骨院での交通事故治療

交通事故に遭った場合は早急に病院で診察を受けてください。その時は平気でも後になって痛みが徐々に増してくることもあります。その時のためにも事故当日に必ず病院で診察を受けてください!交通事故治療ですから、病院で診断書を書いてもらわなければなりません。また、レントゲン撮影もあり、骨に異常がないかなどの検査も受けるようになります。診断書は後日でもけっこうですが、できるだけ早めに警察署へ提出しましょう。こうすることで人身事故扱いになります。物損扱いの場合でも交通事故治療は可能ですが、後に後遺障害認定になった場合や、交通事故治療の示談の際に慰謝料の減額をやむなくされる場合があります。確実に痛みをしっかり完治させ、適切な補償をうけるためには、必ず人身事故扱いにする必要があります。そして、交通事故後に痛みが起きた場合の治療は全て無料(0円)となります。その際は尾張旭市東山町のうの整骨院が治療を担当させていただきます!

後でじわじわとした痛みが起こります

事故に遭った場合は、その直後に痛みが走ったとしてもその痛みもすぐに収まり、 何事もなかったかのように振る舞える時があります。これは事故後というのは、頭の中が少し混乱状態になり、動揺して痛みを感じにくかったり、事故を起こしてしまったことにより興奮状態になることで、 交感神経が平常時より興奮し、痛みを感じにくくしている時もあるからなのです。 これは、例えばサッカー選手が試合中に接触プレーで足を骨折した時、骨折しているにも関わらず、最後までプレーし、試合終了後、検査したところ実は骨折だったと後で判明する場合です。試合による興奮状態で交感神経が優位になっていると、痛みは感じにくいという例です。 ですから、事故を起こした直後は痛みがすぐに収まったからといって安心してはいけません。事故の衝撃で必ず関節にゆがみが生じています。これは衝撃を吸収して被害を最小限度の抑えるためのものです。人間の治癒能力でゆがみも解消されていきますが、それが戻りきらなければ負担となって痛みがぶり返してくるのです。 後になって痛みが出てくるのはそのためで、ですから交通事故治療はすぐに痛みが出ないからといって安心はできません。痛みが出たときは尾張旭市東山町のうの整骨院にぜひ治療をお任せください。

治療費はいただきません

交通事故治療は相手の自賠責保険で治療費が支払われますので患者様の負担はゼロ(無料)です。患者様からは治療費は一切いただきませんので、安心して治療を尾張旭市東山町のうの整骨院で受けてください。

 

 

 

交通事故・むちうち治療スペシャリストBest100にも選ばれました

愛知県尾張旭市東山町のうの整骨院は、全国に多数ある交通事故・むちうち治療を行う治療院の中で、Best100に当院が選ばれました!交通事故患者様に充実した交通事故治療を提供し、交通事故後の面倒な手続きなどをしっかりサポートし、交通事故治療が全て終了するまでお手伝い致しますので、安心して交通事故治療に専念していただけます。

image       image

弁護士法人心様と提携し、交通事故患者様を完全サポート

当院では、弁護士法人心様と提携し、事故後の手続きや交通事故治療の流れ、示談の時の慰謝料が妥当なのか?現在の症状は、後遺障害認定されるのか?などの疑問に的確にお応えできるサポートが整っております。 また事故後の面倒な手続きなどを代行させていただく事で、患者様がより治療に専念していただける環境をサポートしていますので、患者様には安心して交通事故治療を受けていただけます。また、交通事故治療終了時に保険会社様より示談のお話がございますが、弁護士法人心様との提携で、示談金のチェックサービスも無料で行っております!!

 

※弁護士法人心様の勉強会に参加し、交通事故治療の知識習得勉強会の修了証です。交通事故治療に関して、どんなことでもご相談ください!

加害者の方でも窓口負担0円(無料)で治療が可能です

相手に過失がない事故(全部自分が悪い事故)の場合は、自賠責保険適用の対象外ですが、事故の加害者に対しても自由診療で治療が可能です。仮に過失が7割未満であれば、自賠責保険の限度額である120万円以内の枠内で、過失が7割以上であれば2割減額された96万円以内の枠内で支払われます。また加害者の方は、被害者請求をすることによって、自賠責保険での治療も可能です。一方で、相手に過失がない場合(自分が100%悪い事故 10:0の事故)でも自らの人身傷害保険を使用することにより、窓口負担0円(無料)にて交通事故治療を受けられます。

加害者の方でも任意一括対応ではなく、被害者請求で対応可能です

基本的な交通事故治療の損害請求額は、相手側の自賠責保険に請求します。しかし、例えば事故を起こした相手側の方が「自分には非がないから、自分の自賠責保険を使ってほしくない!」とか、「ほとんど向こうが悪いのに、なぜ私の自賠責保険を使って治療をするんだ!」など言われた場合は、ごく希に相手側の保険会社の担当者様より調査や検査、鑑定の結果から「交通事故が軽微であるため、交通事故治療の必要性がないと判断され、当社では一括対応で、交通事故治療の対応はいたしかねます!」と言われるケースがあります。それでも安心してください!このことは、自賠責保険を使用して交通事故治療がまったく出来ないというわけでは、ありません!この場合は、被害者請求という手段を使うことで、交通事故治療が行えるケースがあります。しかし、被害者請求を行って交通事故治療をする場合、メリットとデメリットが生じます。

【被害者請求で行うメリット】

  1. 保険会社様から提案される健康保険基準ではなく、自由診療での請求が可能になる。(※損害保険料率算出機構に了承されることが必要)
  2. 被害者の方が痛みの改善に必要な期間、治療が受けられます。(※自賠責保険の限度額内に限る)
  3. 病院でいただく診断書の部位の違いが生じても、被害者様の本来の痛みの場所を治療できます。(※交通事故での痛みは、事故直後に病院にいった時に痛くなくても、あとから痛くなるケースがある)

【被害者請求で行うデメリット】 

 ※弁護士費用特約を使用すると被害者請求の書類作成代行など面倒な手続きを代行できるものもございます。(当院に要相談)

  1. 自賠責保険の限度額である120万円を超過すると、請求額が全額相殺されてしまうケースがある。(※治療費は病院や治療院に優先的に支払われるため、患者様の慰謝料、休業損害などの実質患者様のもらえる金額が減ってしまう)
  2. 印鑑証明書、交通事故証明書、住民票等の書類を患者様ご自身で用意しなくてはならない
  3. 損害保険料率算出機構と言われる自賠責損害調査事務所から状況の確認をするため照会されることがある。
  4. 慰謝料は、自賠責基準での請求しかできない(弁護士基準での慰謝料の増額は見込めない)

交通事故治療は、自由診療が良いか?健康保険を使ったほうが良いか?

交通事故治療では、自由診療が良いか?健康保険を使ったほうが良いか?と質問する方がいます。交通事故治療に勿論、健康保険は使えますが、健康保険を使用した治療は、メリットとデメリットがあります。基本原則として治療費(診察料、入院料、投薬料、手術料、処置料、柔道整復師等の費用)は、施術をした病院、整骨院、接骨院、治療院が受け取ります。(患者様は、治療費は受け取れません!)。休業補償、通院交通費、慰謝料などに関しては、患者様が受け取ることになります。ここを踏まえた上で、健康保険を使う場合として、また患者様が健康保険を使うことでメリットとなるケースとして、治療を受ける方に過失があった場合です。人身傷害保険に入っていれば、過失が仮にあった場合でも、患者様の負担はゼロですから、この場合は、関係ありませんが、人身傷害保険にもし加入していない場合、もしくは人身傷害保険をあえて使用しない場合、治療期間が長くなることで、治療費の金額が上がると、自賠責保険枠内の限度額を超えてしまうことで、患者様が受け取れる慰謝料、休業補償、通院交通費などの金額が自由診療で行った場合よりも少なくなる場合があります。人身傷害保険に加入しておらず、過失がある場合は、健康保険の使用により良いケースもあります。逆にデメリットとしては、治療院が受け取れる治療費が少なくなってしまうため、患者様の治療にかけられる時間が少なくなりますので、十分な治療が満足に受けられない可能性があります。(※整形外科などの病院でのリハビリテーション治療では、患者様への施術は、健康保険を使用した場合と自由診療の場合でも施術は一緒の事が多いです。)よって交通事故後のむちうちや腰痛、しびれなどの症状を早期に改善できず、治療が長期になってしまう場合もあります。自由診療の場合は、その逆で治療院が受け取れる治療費は、健康保険での施術金額よりも大きくなりますので、患者様の治療にかけられる時間がある程度確保できたり、特殊な手技を施せたり、特殊な医療機器を使用した治療が可能になりますので、身体をしっかり診た上で、十分な治療を受けることができます。(※接骨院、整骨院などの治療院は、自由な施術が可能となることで、交通事故治療に最も有効な施術を実施できます。とても得意な分野です。)よって、交通事故後のむちうち、腰痛、しびれなどの症状を早期に改善できる可能性が十分高いことが考えられます。また健康保険を使用するにしろしないにしろ、過失がなければ患者様の負担する金額は、ゼロですが、健康保険を使用する場合には、一時的に窓口負担金を支払わなければなりません。(※後で自賠責保険に請求することで戻ってきます。)逆に自由診療の場合は、窓口負担金の発生はありません。

当院での交通事故治療の種類

交通事故後の治療は、自賠責保険を使った場合と、健康保険を使った場合の2パターンがございます。尾張旭市東山町のうの整骨院では、自賠責保険を使った場合と、健康保険を使った場合とでは、施術の内容に違いがあります!(下図参照)(※整形外科でのリハビリ治療では、健康保険を使った場合と自賠責保険を使った場合とでは、治療の内容に違いが生じることは、少ない傾向にあります。)当院では、交通事故でのおケガは、通常のおケガと違って、無警戒な状態において、多大な衝撃を身体に受けることが多く、症状がとてもお身体の深い場所まで到達する場合があり、症状が重くなるケースが多くなる傾向があると認識しています。よって、自由診療による自賠責保険を使用した【むちうち・交通事故治療に特化した特殊専門治療】で、交通事故患者様の交通事故による痛みやしびれを早期に改善を促しやすい特殊専門治療を、ご提案させていただいております。(※自賠責保険を使用するのか、健康保険を使用するかは、患者様が決定する事項です!)

※特殊専門治療(徒手療法)

【MTS療法(脳・脊髄神経機能調整法)】(頚椎骨盤調整法)

筋力テスト、下肢の長短テスト、可動域テストで診断することで、カイロプラティック専用ベットを駆使し、骨盤や首を調整(アジャスト)し、全身の神経伝達を整え、身体の不具合を取り除く治療法です。

AKA療法(関節運動学的アプローチ法)

①関節運動改善 ②関節運動を妨げる関節軟部組織(靱帯、腱、筋肉など)の拘縮の改善を目的に行う治療で、主に仙腸関節(骨盤)と言われる腰の関節の機能異常が身体の不具合の原因であるとみなし、仙腸関節(骨盤)に手技をすることで骨を調整し整え、身体の不具合を取り除く治療法です。

人身傷害保険を使用しても自由診療は行えるのか?

交通事故にあわれてしまった後、むちうちなどの交通事故での治療が必要になってきます。しかし、交通事故で自分に過失がある場合や、自分が加害者になってしまった場合は、人身傷害保険を使う場合があるのですが、その際に保険会社の担当者様より『治療の際は通常、健康保険を使って治療することになっています!』っと釘をさされる場合があります。交通事故治療のノウハウを知らない交通事故の当事者は、意味もわからず保険会社の担当者様より言われたことを、すぐに『はい』と答えててしまうケースが多く見られます。確かに某保険会社様の約款に記載されている事項なのですが、人身傷害保険を使用する場合は【被保険者は、傷害の治療を受けるに際しては、公的制度の利用等により費用の削減につとめなければなりません】っと、記載されています。これは、あくまで協力依頼であって、あくまで被保険者の意向を尊重しますので、健康保険を使用しなければならないということではありません!!自由診療によって、より質の高い治療を受けて、早期に症状を改善したいと患者様自身の意思があり、主張すれば自由診療で治療を受けることが可能です!もし自分は、どうなんだろう!?などご不明な点、疑問点がございましたら、尾張旭市東山町のうの整骨院にお気軽に安心してご相談ください!

※人身傷害保険の主として依頼する事案として、①自損事故②自賠責保険対象外事案③重過失事案④重傷事案になります。

jiop

交通事故治療による自賠責保険について

自賠責保険は、対人賠償の保険です。(他人に対する保険)1事故1名につき、死亡で最高3,000万円、傷害で120万円、後遺障害(程度により)75万~4,000万円支払われます。これは、自動車の運行で、他人を死亡・ケガをさせてしまった場合に適用されます。 ここで言う自動車の運行とは、①ドアの開け閉め、②自動車を走らせていない時の事故も含まれます。(詳細は、尾張旭市東山町のうの整骨院にお気軽にご相談ください。)しかし、ここで、注意しなければならないのが、自分自身のケガ、自動車の修理代、ガードレール・ブロック等に対する修理代は、自賠責保険では適用できません。 また自賠責保険未加入事故の損害賠償は、すべて加害者が負担することになります。また自賠責保険において、必ずついてくるのが過失の問題です。不運にも交通事故を起こしてしまい、自分の過失が多いことで交通事故治療を諦めてしまう方がいます。交通事故後の痛みがあるにもかかわらず放置すると、一生その痛みに悩まされる可能性があります。痛みなどがなくなるまで十分な治療を当院で受けていただくことをお勧めいたします。また交通事故は、1%でも相手に非が認められれば、自賠責保険で治療を受けられます。過失が70%未満であれば、自賠責保険の限度額である120万円の枠内で全額が、過失が70%以上であれば、減額された96万円の枠内の8割(2割の減額)が支払われます。また自賠責保険は、被害者保護の立場から保障制度としての意味合いが強く、多くの請求を速く、平等に取り扱う必要性があることから、定型、定額化した支払い基準が決められています。特徴としては、下記になります。

  1. 無保険運転は違法になります。(※自賠責保険は、法律で定められた強制保険です。)
  2. 物損事故は対象外です。(※人の傷害は認められない事故と判断されているため)
  3. 被害者1名ごとに支払う際に限度額が決められています。(※支払限度額120万円)
  4. 被害者は、直に保険金(共済金)を請求することができます。(※保険会社一括対応ではなく、被害者自らが被害者請求によって請求できる)
  5. 仮渡金(かりわたしきん)制度があります。(※示談、和解、裁判の確定前に一部支払われる)
  6. 被害者に重大な過失があった時にのみ限度額が減額されます。(※自分の過失70%以上→2割減額 120万円→96万円)

交通事故治療による慰謝料の計算

交通事故治療の傷害に対する慰謝料の意味合いは、交通事故の相手に精神的な苦痛を与えたものに対する損害賠償の意味合いで支払われるものではなく、交通事故のケガによって、患者様自身が入通院することによって、自分の自由な時間を割いて病院や接骨院、整骨院などに入通院することで、精神的な苦痛を受けたことに対する慰謝料の意味で支払われます。慰謝料の計算の基本は、治療期間と実治療日数です。よって、慰謝料は、自賠責保険の基準で計算すると、治療期間と「実治療日数×2」(あんま等は2倍はしません、又一部の骨にギプスをした場合は、その期間は実治療日数とカウントします。)を比較し、少ない方の日数に4,200円をかけて計算されます。また、慰謝料の計算は、この4,200円をかけた日数で示談する方が、多いですが、実は自分の入っている自動車保険で、弁護士費用特約に加入している場合は、保険会社様から示談の提案書が送られてきた後、弁護士が交渉に入ることで、この4,200円の金額よりも多い金額を受け取れる可能性があります。(※必ず多くなるとは限りません!)これは、東京地方裁判所の入通院慰謝料支払基準表(赤本基準)というのが、あるのですが、通院の場合は、1ケ月で28万円、2ケ月で52万円、3ケ月で73万円、4ケ月で90万円、5ケ月で105万円、6ケ月で116万円となっています。入院の場合は、1ケ月で53万円、2ケ月で101万円、3ケ月で145万円、4ケ月で184万円、5ケ月で217万円、6ケ月で244万円となります。

自賠責基準による慰謝料の計算

【例】4月2日に交通事故のケガをして、4月3日から通院治療を始め、1ケ月間で10日通院した(4月末で終了)場合の慰謝料の計算

  『4月』

    ⇒通院期間(4月3日~4月30日)→28日間 > 通院実日数⇒10日通院→10日×2=20日

   ※4月は、通院期間 → 28日間、通院実日数×2 → 20日なので、少ない20日で計算されます。

     4,200円×20日=84,000円

 

よって、84,000円が交通事故治療の慰謝料として受け取れることになります。(※弁護士費用特約を使用し、裁判所基準で交渉すればこの金額を上回る可能性があります。)

 

もし、交通事故後の慰謝料等の計算がわからない場合や、こいったケースはどうなんだろう!?など、疑問等がございましたら、尾張旭市東山町のうの整骨院にお気軽に安心してご相談ください!

具体的請求事例

✩家事従事者 女性 39才

 ①負傷名:頚部捻挫、腰部捻挫、右膝関節捻挫

 ②治療期間(2015年12月13日~2016年5月30日 ⇒ 総日数176日

   通院日数 ⇒ 総日数75日(※月平均12.5日) 

     → 75日(通院日数)×2=150日(※176日>150日 150日で慰謝料の計算採用)

 ③治療費:489,072円(※整骨院および整形外科が受け取る金額)

 ④通院費:3,630円

   ○自宅 → 整形外科【(1km15円)×(往復)24km×2回=720円】

   ○自宅 → 整骨院【(1km15円)×(往復)2km×97回=2,910円】

 ⑤休業損害:427,500円

   ○主婦休業損害:75日×5,700円=427,500円

 ⑥傷害慰謝料:630,000円

   ○4,200円×150日=630,000円(※通院75日×2=150日)

 【合計③+④+⑤+⑥】1,550,202円(※患者様が実際に受け取れる金額 ④+⑤+⑥=1,061,130円)

koui

交通事故治療による任意保険について

任意保険は、自賠責保険では補償されない(カバーできない)部分を補う保険です。 任意保険には、相手の人や物に対する賠償責任保険と自分や搭乗者に対する傷害保険、自分の車に対する車両保険に分けられます。賠償責任保険は、対人賠償保険と対物賠償保険に分けられ、対人賠償保険は他人にケガ、死亡させてしまった時に自賠責保険で賄われる額を越えてしまった部分について補償されます。 (飲酒運転で他人をケガさせてしまった場合でも支払われます。)対物賠償保険は、他人の物を破壊、破損してしまった場合の保険で、治療院での交通事故治療で適用される部分ではありません。次に傷害保険についてですが、傷害保険は搭乗者傷害保険と無保険車傷害保険、人身傷害保険に分けられます。搭乗者傷害保険は、運転手を含むすべての同乗者のケガや死亡について補償され、過失に関係なく補償され、 自分が100%悪くてもケガで保険金が支払われます。 しかし、飲酒運転、トラックの荷台に乗ってケガをした、暴走族など違法走行中のケガ、車から身を乗り出してのケガなど違法な乗り方によってケガをした場合は、補償されません。また搭乗者傷害保険は、使用しても保険等級が下がらないメリットがあります。無保険車傷害保健は、事故をした相手側が対人賠償保険に加入していない、していても保険金が少なく、支払い能力が乏しい場合に適用されます。 補償としては、対人賠償保険と同じ額の範囲内で行われ、ひき逃げ、当て逃げなど事故の加害者が特定できない場合も適用されます。しかし、完治するケガには適用されませんし、後遺障害や死亡の場合のみ適用されます。最後に人身傷害保険ですが、人身傷害保険はケガの治療費等、自分の過失を含めて実際にかかった治療費、休業補償、慰謝料など全額負担してくれる保険です。人身傷害保険は、契約車両以外の車(友人の車等)の事故、契約者本人とその家族も補償されます。また歩行中の自動車事故による死傷も補償されます。(搭乗者傷害保険では支払われない)人身傷害保険は、相手が任意保険未加入の場合でも自賠責保険の範囲と不足分を全額補償してくれますし、示談成立前でも保険金が受け取れ、単独事故でも補償されます。 それから参考までに自損事故保険があります。自損事故保険は、対人賠償保険を契約すると自動的にセットされる保険です。自損事故保険は、自分の過失が100%、相手がいない事故に適用され、ケガや傷害、死亡について補償されますが、適用すると保険等級が3ランクダウンします。また、飲酒運転や無免許での事故、自殺を目的をした事故については適用されません。(※自損事故保険は、搭乗者傷害保険とは別で支払われます。)

このように自動車保険についても自賠責保険や任意保険があり、「自分自身が交通事故治療で保険が適用されるのかどうかなど判断に困る」ことがあるかもしれません。もし実際に交通事故を起こしてしまい、そのような疑問、ご不明な点等ございましたら、尾張旭市東山町のうの整骨院にご相談ください。治療だけでなく、手続きなど様々な部分を総合的にサポートさせて頂き、交通事故に遭われた患者様が安心して、不安なく、満足いただけるような治療や対応に努めてまいります。

 

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒488-0825 愛知県尾張旭市東山町1-2-5 アサヒビル1F
駐車場3台あり
予約お電話・メールでのご予約が可能です。
電話番号052-768-6186
休診日月曜・日曜午後・祝日
年末年始・お盆休み
アクセスマップ