TEL

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)とは?

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)【Lateral epicondylitis of humerus 】は、幅広い年齢層にみられる疾患ですが、特に40歳代にもっとも多く、時々両肘に起こることもあります。スポーツでのテニスのバックストロークを何度も繰り返して行うことで、回外筋と手指伸筋に負担がかかり、骨膜や腱が炎症を起こしているものです。これは、テニスをしていない人にも起こります。症状としては、上腕骨外側上顆の痛み(肘の外側の痛み)、圧痛(押さえると痛い)、手関節背屈(手首を反らす)時の抵抗運動による痛み、握力の低下がみられますが、安静時にはほとんど痛みはありません。また雑巾を両手で絞る動作の時にも痛みが出ます。

   

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)の検査法

Thomsen test(トムゼンテスト)

患者は肘関節伸展(肘をのばす)、前腕回内位(手のひらを下に向ける)でこぶしをグーにしてもらい、手首を背屈(手首を反らす)方向に力を入れます。それと同時に検者は、患者の手首を掌屈(手首を曲げる)方向に力を加えて抵抗すると上腕骨外側上顆(肘の外側)に痛みが起こります。

tennis-elbow4

※公益社団法人日本整形外科学会ホームページより画像抜粋

Chair test(チェアーテスト)

肘関節伸展(肘をのばす)、前腕回内位(手のひらを下に向ける)では上腕骨外側上顆(肘の外側)に付着する橈側手根伸筋が引き伸ばされ、この状態で物をつまみ上げたり、つかみ上げたりすると橈側手根伸筋にさらに負荷がかかり、筋肉が緊張して外側上顆(肘の外側)に強い牽引力がかかり、痛みが起こる。

tennis-elbow2

※公益社団法人日本整形外科学会ホームページより画像抜粋

中指伸展テスト

肘関節伸展(肘をのばす)した状態で、中指を伸ばしてもらい、検者は患者の中指を上から抑えるように抵抗すると上腕骨外側上顆(肘の外側)に痛みが起こる。(上腕骨外側上顆に付着する短橈側手根伸筋の疼痛誘発テスト)

tennis-elbow3

※公益社団法人日本整形外科学会ホームページより画像抜粋

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)の一般的治療法

消炎鎮痛目的として、安静、テニスエルボー・バンド(サポーター)、湿布、キシロカイン+副腎皮質ステロイドの局部注射などが実施されます。

当院でのテニス肘(上腕骨外側上顆炎)の治療法

当院では、テニス肘(上腕骨外側上顆炎)の治療としては、MTS治療(脳・脊髄神経機能調整治療)およびAKA治療(関節運動学的アプローチ法)で治療を行っていきます。MTS治療では、運動神経、知覚神経(痛みやしびれ)などの神経伝達が正常に行われているか?などを筋力テストでテストしたり、関節可動性、可動域をチェックすることで、骨や筋肉などのひっかかりがないか?を検査し、そのテストをもとに骨盤(腰骨)や頚椎(首の骨)で調整します。またAKA治療では、関節運動の改善や運動を妨げる関節軟部組織(筋肉・靱帯など)の拘縮の改善を目的に施術しますが、主に仙腸関節の機能異常が大きく痛みやしびれ等に関係していることが多いので、肘に症状がある場合でも骨盤(腰骨)をまずは調整することが前提となります。MTS治療およびAKA治療による手技療法により、肘の局所のみを診るだけでなく、全体の身体のバランスを調整することで部分的な場所にある肘の痛みを和らげる方向で治療すると、関節注射による対症療法ではなく、根本的なテニス肘(上腕骨外側上顆炎)の改善に向かいやすくなります。

もし、テニス肘(上腕骨外側上顆炎)によって、肘の痛みやしびれなどが起こり、お悩みの方は、一人で悩まずお気軽に安心して尾張旭市東山町のうの整骨院までお気軽に安心してご相談ください!!

当院へのアクセス情報

所在地〒488-0825 愛知県尾張旭市東山町1-2-5 アサヒビル1F
駐車場3台あり
予約お電話・メールでのご予約が可能です。
電話番号052-768-6186
休診日月曜・日曜午後・祝日
年末年始・お盆休み
アクセスマップ