TEL

オスグット病

オスグット病とは??

オスグット病

※公益社団法人日本整形外科学会ホームページより抜粋

オスグット病(Osgood-Schlatter disease)は、正式名称ではオスグット・シュラッター病です。激しいスポーツをする10才~15才の男性に多い、脛骨粗面(脛骨結節)=下腿の骨で膝蓋骨(膝のお皿のすぐ下)が、見た目上でもボコっと隆起する場合のある障害です。これは、ふとももの筋肉【大腿四頭筋(腿の前面の筋肉)腱】が膝蓋腱を経て脛骨粗面にくっついていることに関連しています。症状は、脛骨粗面部(膝のお皿のすぐ下の骨がボコッと隆起した部分)の痛み・圧痛(押すと痛い)・腫脹(腫れる)で、酷くなると健側(正常な足)と比較して、隆起が大きくなる場合もあり、骨がまだしっかりと形成されていない若年者では、はく離骨折となる場合もあります。大腿四頭筋が、足の踏み込み動作、ジャンプ動作、膝の屈伸運動の繰り返し動作が働くことで、炎症を起こすということ、そこに修復機序が働くことも関係があると考えられています。しかしながら、オスグット病は成長軟骨板が閉鎖すると(つまり大人になると)症状は無くなります。一般的な治療としては、症状の軽いものには運動制限、中等度のものには、アイシング、ストレッチング、消炎鎮痛の投与、サポーター、シュラッテルバンドなどの装具療法などの保存療法が選択されます。脛骨粗面から遊離した骨片が存在していたり、保存療法で症状が緩解しない場合は、手術によって骨片摘出術を実施する場合もありますが、原則的には手術は行わない保存療法で十分だという見解がほとんどです。

当院でのオスグット病の治療法

 ※骨盤と首をソフトに調整し、痛み等の根本原因を取り除く整体専用のカイロプラティック整体専用ベットです!

オスグット病には、MTS療法(脳脊髄神経機能調整治療)とAKA療法(関節運動学的アプローチ法)によって施術をしていきます。オスグット病は、膝のお皿のすぐ下のあたりが痛くなりますが、実際は膝だけに問題があるとは限りません。なぜなら、オスグット病の問題になっている大腿四頭筋は、ほとんどが腿からお皿まで筋肉が経由しているのですが、大腿直筋という筋肉があり、その筋肉は骨盤(腰骨)からお皿まで筋肉が走行しています。またオスグット病のほとんどの子供たちの骨盤(腰骨)の状態や脚部のアライメントが悪くなっていることが多く、左右の筋肉のバランスを崩している子がほとんどです。ですから骨盤(腰骨)をある程度良い位置に調整すると筋肉のバランスが整い、結果、大腿四頭筋の引っ張られる力が弱くなることで、痛みが軽減する可能性が高いです。MTS療法による下肢筋力テストや膝などの可動域検査を行い、MTS療法もしくはAKA療法の調整治療で、骨盤(腰骨)もしくは、頚椎(首の骨)を調整施術することで痛みの原因になっている大腿四頭筋の緩みを作り、結果痛みが楽になる可能性が高くなります。

自宅でのホームエクセサイズ指導

当院では、治療の効果の継続性を高めるために自宅でのホームエクセサイズの実践をお勧めしています。オスグット病の子たちの立ち方は、良くない場合が多く、身体の使い方も特に膝に負担のかかりやすい使い方をしています。バランスボールなどのエクセサイズを習得して頂くことで、立ち方を修正し、治療で良くなった後も痛みがぶり返さないように良い状態を維持する方法などをお伝えしています!継続してエクセサイズを実施して頂くことで、より痛みが再発したり、悪くならない方法も症状に応じて段階的に丁寧にお伝えしています。

もし、激しいスポーツなどを行っていて、オスグット病の痛みで思うように運動ができないなどの症状にお困りの方は、尾張旭市東山町のうの整骨院まで、お気軽に安心してご相談ください!!

当院へのアクセス情報

所在地〒488-0825 愛知県尾張旭市東山町1-2-5 アサヒビル1F
駐車場3台あり
予約お電話・メールでのご予約が可能です。
電話番号052-768-6186
休診日月曜・日曜午後・祝日
年末年始・お盆休み
アクセスマップ